アシナガバチ駆除に適した時期がある

巣

蜂の駆除を行なう際は蜂から攻撃を受ける危険性がありますが、蜂のいない時期を狙えば安全に巣を撤去することが可能です。

アシナガバチ駆除に最適な時期は11月から3月です(20代/アシナガバチ駆除業者)

アシナガバチは10月以降になると活動を停止し、女王蜂以外の蜂は全て死滅してしまいます。そのため女王蜂が越冬する11月から女王蜂が営巣を始める30月頃は、蜂に攻撃される危険性がとても小さいです。そのため蜂の巣駆除を行なう場合は、女王蜂以外の蜂が死滅している11月から3月頃に作業を行なうのが最適です。しかし場合によっては蜂が巣に残っている場合もあるので、駆除を行なう際は殺虫剤をかけて蜂がいないことを確認するようにしましょう。

アシナガバチ駆除をしてはいけない時期はありますか?
アシナガバチが活発に活動している8月から10月の間は蜂から攻撃される危険性が高いので、なるべく駆除作業を行なわないようにしましょう。特に7月から8月は蜂の攻撃性がとても高くなるので、どうしても駆除を行なう必要がある場合は業者に駆除を依頼するのが適切です。個人で駆除を行なう場合は、4月から6月頃を選ぶのがベストといえます。

活動時期を過ぎた巣はどうすればいいのか

アシナガバチは一度使用した巣を再利用することはないため、蜂がいなくなった巣はそのまま放置していても問題はありません。しかし、場合によっては新しい巣を作るために古い巣を材料としたり、害虫が蜂の巣を再利用したりする可能性があります。そのため、蜂がいなくなった巣は撤去しておき、蜂が同じ場所に巣を作らないようにしましょう。巣を撤去した後はその場所に殺虫剤などを撒いておき、蜂が近寄らないようにするのが最適です。

TOPボタン