活動時期からみるアシナガバチ駆除

女性

ほとんどの蜂は春から秋にかけて活動を行ない、季節が冬に移ると女王蜂以外の蜂は全て死滅してしまいます。アシナガバチにもこうした活動周期は存在しているので、アシナガバチ駆除を行なう際は事前に活動周期を把握しておきましょう。

3月~4月

日中の気温が高くなると越冬を終えた後の女王蜂が巣の上に集まり、さまざまな場所を飛び回って栄養補給を行ないます。4月の後半頃には営巣場所を探索するために蜂が飛び立っていき、巣に残る蜂の数は少なくなることが多いです。

5月~6月

5月頃になると女王蜂が営巣を本格的に開始し、巣の材料集めや幼虫の餌探しで女王蜂がいろいろな場所を飛び回ります。6月中旬になると女王蜂の育てていた働き蜂が羽化し、蜂の数が増えることで巣の大きさも拡大していきます。

7月~8月

7月は働き蜂の羽化が本格的に進み、働き蜂の増加に合わせて女王蜂は産卵に専念するようになります。8月になると雄蜂の羽化が進み、新女王蜂の羽化も始まるにつれてアシナガバチの営巣活動は停止することが多いです。

9月~10月

9月は外敵から巣を守るために、働き蜂や雄蜂が巣の表面へと集まります。この時期になると女王蜂以外は徐々に死滅していくため、蜂の数はとても少ないです。10月は蜂の活動が完全に止まり、新女王蜂は越冬場所へと移動します。

アシナガバチは7月から8月頃になると攻撃性が高まりますが、巣に近づかないようにしていれば攻撃を受けることはありません。アシナガバチ駆除を実施する際は夏の時期を避け、なるべく安全に作業できる時期に依頼しましょう。

TOPボタン